放送大学写真クラブとは 

 クラブの設立と経緯  放送大学文京学習センター公認サークルです。
 クラブは、平成3年に設立され、以来今日まで活動を続けてきました。
クラブでは、写真にまったく経験のない初心者から、ベテランまで、写真に興味のある方で、放送大学生・大学院生が入会することが出来ます。 当クラブは、「部員一人一人の視点」を尊重し学習生活を支え合いながら放送大学の学生という利点を活かした活動をしております。現在写真クラブには40名近くの会員がおりますが設立以来、現在までに、このクラブに入会した人の数は250人以上を数えています。中には設立以来今も学生として在籍し写真活動を続けてている人もおります。
 このクラブに入って一緒に活動しませんか

  (写真のデジタル化はその撮影、表現領域を膨大に広げました。)
  メディアを利用した放送大学において、学友を作る機会はなかなか少ないのが現実です。大学が生涯学習という側面を持ちながら、友人知人が増えない傾向にあるのは残念なことだと考えております。 クラブでは写真の上達を目指すことが主な目的ですが、写真を通してよい友人を作る機会が増やせればそれも目的の一つです。
 大学のサークル活動では芸術やスポーツの場もありますが、放送大学という「生涯学習の場」においては、長続きすることが重視される第一の条件だと言えましょう。スポーツは若いうちからやっていないから厳しい、技巧を凝らす趣味というのには気が引ける…という方は多いと思います。写真はその点において気軽に始められる趣味であると言えましょう。

 今やカメラは特別に持ち歩かなくても、携帯電話スマートホンなどで取り合えずシャッターを切れば写真は撮れます。その結果を見て次に進んでいくというように、「自分自身にフィードバックする趣味」という面があります。自分の作品を例会に持って行き仲間の批評やアドバイスを受け腕を磨きます。撮影会では、仲間と一緒に出掛け撮影だけでなく、食事やおしゃべりも楽しめます。

 クラブでは毎月の例会だけでなく、撮影会や年一回の写真展、夏のセミナー研修会やなどを定期行事としています。クラブではこれらの活動に参加する中で、いろいろな人に出会い良好な人間関係が生まれます。当クラブに在籍している会員が卒業単位を修得し再入学をする方がとても多いのも、会員としての信頼やサポートに支えられるからと感じています。

  クラブでは、放送大学へ入学されたみなさまに、放送大学に入学して本当によかったと思える学生生活を過ごし、卒業後もよい思い出として心にきざまれることを心から願うものです。 この機会に写真に少しでも興味をおもちいただけたなら、ぜひご入会をお持ち申し上げます。
 入会案内へ  入会申し込みはこちら